デトックスの本当のところ

最近「デトックス」という毒出し発想がブームになっているようです。しかし、その内容をみてみると毒を出しているどころか毒を入れているといっても過言ではありません。

毒出しといっている根拠はいろいろありますが、腸内で有害物質を吸着して排出するという食物繊維などを多く摂るという考えがあります。食物繊維などは有害物質だけを吸着し、排出してくれればよいのですが、そうはいきません。有用なミネラルも吸着し、排出してしまいます。

そして、食物繊維の多いごぼうやこんにゃくなどがよいといわれていますが、農薬や食品添加物のことは何も言っていません。また、活性酸素を抑えるためにビタミンCが多い小松菜などがよいといわれています。しかし、農薬は勿論、小松菜などに多い有害な硝酸性窒素のことは何も言っていません。

 

さらにサプリメントとしてビタミンC を摂ると、体内でビタミンC が酸化し、有害な酸化型ビタミンC に変化します。このような危険性には何も言いません。すなわち、毒を出そうとしていることが、実は逆に毒を入れていることにもなりかねないのです。衣食住の生活環境の有害物質の話をすると「有害物質を身体から排出するには何を食べたらよいか? 」とよく聞かれます。しかし残念ながら、そんな都合のよい食べ物はありません。ただし、人間の身体には体内の有害物質を排出する浄化能力が備わっています。運動して汗をかくのも一つの方法です。

今の普通の生活では有害物質が身体の外へ出る量より、生活環境内から身体に入ってくる量のはうが多いために身体に溜まってくるのです。ですから、入れる垂を出す量より減らし、身体に溜まる有害物質を減らすしかありません。入る量を減らす努力もせず、何か特別なものを食べて、楽に出す量を増やそうとしても人間の身体はそんなに都合よくはできていません。また、人間のことだけを思えば体内の有害物質が減ればよいと考えますが、排出された有害物質は川や海や土や空気の地球環境を汚染していかのです。

有害物質を買わない、使わない、そして作らない、というようにしなければ根本的な解決にはなりません。

大学の研究で実証された、高アルカリ天然温泉水 桜島 活泉水で体内の毒素を排出 | 今さら聞けないミネラルウォーターの知識

大学の研究で実証された、高アルカリ天然温泉水 桜島 活泉水で体内の毒素を排出

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください