酸っぱい梅干がアルカリ性食品な理由

アルカリ性食品と酸性食品を分けるトリックで書きましたが、アルカリ性食品の中でも身体によいと誤解されている代表的な食べ物は、何と言っても梅干でしょう。梅干は「酸っぱいので酸性だが、体内に吸収されるとアルカリ性になる」と言われていますが、これにもカラクリがあります。

梅干は、酸っぱくて酸味の強い食品ですから、梅干そのものは酸性です。その酸味はクエン酸などの有機酸で、高温で燃やすと二酸化炭素と水に分解されてしまうため、灰には残りません。灰に多く残るのは、アルカリ性成分のナトリウム、カリウム、マグネシウムなどです。つまり、この測定方法が本来酸性である梅干をアルカリ性食品という名に変えてしまうトリックなのです。

クエン酸を含む梅干しは優れた健康食品 | 食材のプロフィール
https://www.hood-memo.info/pickled-plum/

広告

酸っぱい梅干がアルカリ性食品な理由」に1件のコメントがあります

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください