現代人特有の疲れ目にはアントシアニンたっぷりのアサイーベリー

アサイーベリーはパーフェクトフードと呼ばれる

目は、繊細な毛細血管が機能を左右するとりわけ老化が現れやすい部位です。例えば、「急に視力が低下した」「光がまぶしい」「視界がぽやけてよく見えない」「夜は対向車のライトがかなりまぶしい」。こんな目の症状に因ってはいませんか?

一般に、40代ごろからピントが合わせにくくなり、近くのものが見えにくくなります。これが「老眼」です。
「白内障」は目のレンズ役の水晶体が白濁する病気ですが、70代で9割、80代ではほとんどの人に、白内障による視力低下が認められるともいわれています。

老眼世代いになると、「緑内障」や「加齢黄斑変性症」など、失明をも招く眼病になる可能性も高くなります。

では、目の老化や眼病を防ぐ手だてはないのでしょうか。実は近年、視力回復や視覚機能の改善に役立つとして、ある栄養成分とフルーツが注目を集めるようになりました。
成分名は、「アントシアニン」と呼ばれるポリフェノール(植物の色素成分)の一種。なかでも、抜群に多いアントシアニン含有量を誇る「アサイーベリー」というフルーツが今、世界各国で脚光を浴びています。

アサイベリーはヤシ科の植物で、南米ブラジルの熱帯雨林で収穫されます。注目すべきは、栄養素の充実ぶりです。
熱帯雨林の過酷な環境で育つアサイベリーは、紫外線や活性酸素(老化の原因物質) と闘い、生き残るために、抗酸化物質やアミノ酸、必須脂肪酸、ビタミン、ミネラルなどの栄養素をたっぷりと蓄えて育ちます。

ちなみに、鉄分はホウレンソウの約2倍、ビタミンCはレモンの約3倍、ポリフェノールは赤ワインの約30倍も含まれており、別名「自然がもたらしたパーフェクトフード」とも呼ばれているほどです。
さらに、アメリカ・プランズウィック研究所の調査によると、アサイベリーはブルーベリl の約4.6倍ものアントシアニンを含むことがわかっています。

ブドウやチェリーなどの果物と比べても、アサイベリーのアントシアニンの含有量はずば抜けています。こうしたデータが広く知られるようになり、近年、日本でも愛用者がふえてきました。

なかには、「白内障の手術を回避」「飛蚊症の黒い点が消えた」「老眼鏡が不要になった」「黄斑変性症の進行が止まっている」という人もいます。

アサイーベリーの3つの効能について

活性酸素の除去

老眼は、加齢とともに水晶体の調節機能が低下することが原因です。アントシアニンは、水も、晶体や網膜をサビつかせて老化を早める、活性酸素を除去する抗酸化作用に優れています。

目の毛細血管をさらさにする

日の血行不良は、各種眼病のリスクを高めます。アントシアニンは、血液中で発生する活性酸素も除去して、日の毛細血管の血液をサラサラに保ちます。

ロドプシンの再合成を促進

眼球内には「ロドプシン」と呼ばれる光センサーがあり、この刺激が脳に伝わることで、私たちはものを見ることができています。アントシアニンは、このロドプシンの再合成を活発にして、視界を良好に保つサポートをします。

アサイーベリーの3大眼病への効能、効果 | 視力アップ、疲れ目、ドライアイを解消

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中